NTTグループ グループ企業全体の新たな宣言

あなたに情報のちから。

課題と解決:NTTのデジタル情報化時代の幕開けとグループ力のアウターとインナーコミュニケーションはどうするべきか。旗頭であるメッセージはどうあるべきか。電気通信事業体としてのNTTと移動体業務をも含むNTTグループ全体へのこれからの推進を伝えたいとのことでした。これまで設立してきた既存の会社の整理、再編、統合、と再編成に向けた検討と改変を進める企業グループ全体の宣言が強く伝わる表現を目指しました。


 

情報通信と移動通信で

日本の距離を縮める。新しい産業構造へ。

これが課題。


もともと電報・電話からスタート。だからNTT。

そして。

NTTケイタイ、スタート。


表現コンセプトへのアイデアの一つ。

あなたの遠くが近くに。」なるということ。

 

悪くはない。しかしうまくイメージできない。

コピーのテクニックが優先しすぎ。

 

企業がなぜ進むのか、どこに向かうのか説明できるのか?

この推進力をカスタマーや組織に伝えきれない


情報をもっと身近に描き出したい。心を描きたい。

情報とはどう役にたっているのか。どうなっていくのか。

明るい未来?

安心、心地よい未来?

薄っぺら。ビジョンが見えてこない。

情報通信技術が広げる未来?

弱い。

企画やコンセプトには沿っている。

しかしビジュアルをそのまま形にすると何かが足りない。いや違う。

なぜするのか重要なメッセージが見えない。


ふり出しに戻って考える。

 

私たちはどこから来たのか?

情報に何を助けられて来たのか?

太古から1人では生きていけない。


このキャンペーン プロジェクトのクリエイティブ ディレクター情報工学研究所 所長

松岡 正剛氏の強烈な発言。 

 

「情報がビッグバンを起こし産業を進化させた。

それは書籍の登場。」

 

クローニング(複製)していく文字情報こそがイノベーションか!

自分は見えないモヤを形にできるか。

今まではなかなか触れることができなかった太古から隠されていた謎の預言書のように宇宙の真理と世界感を狙う事を模索し、その世界観にたどり着きました。このことで、まだ知らない情報にタイムスリップしアクセスした人間の瞬間の驚きと感動がテーマというビジュアルコンセプトを導き出しました。今回のミッションではグループ企業が前進し繁栄するというベクトルを表現する事を目指さなければ成りません。普通はフルカラーで表現構成を考えるかと思います。しかし、あえて全体から伝わるスピリットが必要だと考え直しました。色彩あるセピアを目指しました。



情報を表すタイポグラフィはこんな感じか。

試しに創ってみる。

デジタルでアナログ。


太古からの秘密の図書館に踏み入れた少年はどうだろうか。

しかし、本そのものはいらない。情報だけにしたい。

そんな空間。

いっぽうディテールとして一般的には見たことの無い原語と記号が大切だと考えました。それらを脳内空間で無重力の中で漂い主人公が迷い込んだ世界を作り出したいと考えました。またタイポグラフィーやエレメントは中世の「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」からいくつかのの引用をしました。もともと時祷書は祈りへのメッセージが中心となっていてグーテンベルグの活版前です。パピルスの製法から伝わる紙質も重要なファクターだと思いヨーロッパ中世の実際の本も探し手に入れ質感のベースに使用しました。またその情報世界を探検する子供は古き良き時代の学徒としての象徴として開襟シャツが重要だと思いました。クライアント大へのプレゼンのラフは下の通り。理解ある代理店とクライアントは概ねOKを一発で出して頂けました。しかしプレは通ったものの当時はデスクトップでのほぼフルCGということもあり異常なほどの緊張感を周囲に隠し心に鞭を打ちながらも嬉しかったのを覚えています。ラフを見ていただけるとわかるように、まだここではキャッチは絞り込まれていませんでした。


ラフはこんな感じでした。


3Dの夜明け。自分で全てやるしかない。

当時はオタクと周囲から言われながらも、

ほふく前進でPCとデザインの融合を目指す。

このラフの世界観の折り重なるファクターをシンプルに表現する必要があり、当時それまでの一定の表現の権威を持った一流カメラマンを起用してもその写真では伝わりきれないと考えました。また国内にはこのバーチャル空間が作成できる専門職が存在していませんでした。自分自身でいち早く発表された国産3DソフトのShadeを極めるべく表現技法として取り組みました。結果、当時では黎明期であるパソコンの3DCGと新進気鋭の写真家の融合表現が可能になりました。

また未開発なプリンティング領域としてデジタルとオフセット印刷を繋ぐ工夫が求められ、非力なMacのPICT画像と当時画像合成で独占していたイスラエルのサイテックスのフォーマットとフィルム出力会社と印刷会社の関係における革新的作業工程への架け橋を努めました。フロッピーディスクとオープンリールテープのやりとり。

しかもイメージデータ形式やマックとサイテックスというように機材のプラットフォームが違うのです。今は考えられないですが当時を振り返ればかなりの問題点を乗り越えて来たと思います。

  

この任された世界観の表現「あなたに情報のちからの広告」は国際エアーポートに大きく掲示されるなどまた企業CM(他の制作会社)も加わり一年また一年を経てグループが向かう方向がインナーにもアウターにも新しい門出の宣言として十二分に役目を勤めたと思います。

  • 業界・業種                   電気通信事業
  • エリア                          インナー&アウターコミュニケーション・ツール
  • ジャンル                         広告全般、駅ばり媒体 屋外アドボード 新聞雑誌媒体(後にTVCMの骨格に。別会社)
  • プロジェクト期間          約3か月
  • スコープ                   表現手法開発/アートディレクション/デザイン/CG/撮影(カメラマン宇田氏)                                           / 印刷技術確認開発/
  • プロデュース       NTTアド CD:編集工学研究所所長 松岡正剛

当時のNTTグループの新たな地平線を見据えた企業グループの表現。


強い理念 ができただろうか。