Design Philosophy

Design for vision

科学とアートの融合が生みだすプランとデザイン。

デザインを全ての活動への問題解決への手法として捉えます。

心理学とデザインでコンセプトとビジョンを明確にするサポートをします。

 

感覚へのレスペクト

ビジネスと人とが多様な未来への関わりを持つための反応を起こすデザイン。社会との関わりの力を受け入れながら、それと共存し人が本来持っている感性や感覚を呼び起こす皆様のビジョンへのプランとデザインをつくります。

 

ビジョンはポジションの決意から。共感と体験を生み出します。

「ビジョン実現へのサポート」からの柔らかい発想からの豊かで強い感情と進む力を呼び起こす源泉を大切にします。

未来へのビジョンを継続的に可能にし、機能するデザインで活き活きした体験を生み出します。

 

トキメキを起こす気持ちへの追求

情報過多という情報空間の情報過多。その空間においても稀にあるモノは目を引き心をつなぎ止めます。プランとデザインの中にこれらの

トキメキを伝える精神感応を考えます。

 

都市と地方。生活と仕事への循環

ビジネス中心の都市。そして周辺地方の水や緑が多いローカルを接続します。各ビジネスは単体の独立した存在ではなく、広く連続した存在であり、地方の力も未来へのネットワークの一部となるようなプランとデザインを考えます。


自らの「独自ポジション」が呼び起こすプランとデザイン。


 

変化し続ける中でのその時点での「独自ポジション」をまず明らかにすることは、

主体的な社会への接しかたでビジネスの源でもあり自身の形態で前進力の源泉です。

そこからビジョンという未来への原因が誕生します。コンセプトは進め方であり消費者のアクションは未来の結果です。

一連の流れにレバレッジをかける独自ポジションは社会的繋がりを継続的に強化結果を生み出します。