Canon Identity in N.Y.

営業マンが重宝する出力サンプルそのもの。真の意味での卓上出版。

引き出しに仕舞われる出力見本ペーパから、希少価値ある図書の出力見本の誕生。

課題と解決:クライアントが新型プリンターのプリントサンプルが必要で画期的な見せ方がしたいとのことでした。考えたことはプリントサンプルもキャノン全体のクオリティーやデザインの質と同じレベルであるべき。しかし実態はセールスマンが現場を離れるとお客様のところに置いてきたサンプルは二度と見られることなく引き出しに直行か、捨てられている。なんとかならないものか。。書店に並ぶ書籍は印刷屋が行う。DTP(Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)とは卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に割り付けなどの作業をパーソナルコンピュータ上で行い、プリンターで出力を行うこと。
今回の提案はサンプルではなく書籍として300冊のロットを実際にチャレンジすること。よって一冊のページ数は88ページで全部で26,400回以上のプリント実験。ページで紙質も厚紙、普通紙やトレペなど豪華に変える。それが優秀なプリンターの証明でもある事。全て裏表で印刷しそれを図書として営業ツールにする。このような国内で初めての魅力的な試みをプレゼンした。これは用途として可能性を広げることをイメージしていただく事。書籍なのでその場限りのカラーサンプルではないことが重要。
シンクロするかのように情報発信のニューヨークへITビジネス/デザインビジネス業界視察の話が他方から持ち上がり旅費、滞在費のコストカットができうるのでこの課題を実現できた。また最終的には好評をはくし現場でPDF出力をしたいとのこと。CD・ROMも制作。ロンドンインターナショナルアドバタイジングアワード受賞。

営業ツールの

紙の出力見本から

感謝を表すギフトとしての

DTP書籍へ


Every man has his Identity

ニューヨークは「人種のるつぼ」。

そこでは、彼らが彼ららしいことこそが、自分のアイデンティティを表現することになる。

 NYの懐に飛び込み、肌でNYを体感し、手を使い足を使い、五感を駆使し、独自の人間ネットワークを築くことから、今回の制作ははじまりました。その中からNYならではの視点を得、「IDENTITY」というテーマとカラープリンターにふさわしい図書制作のための企画が産まれていきました。

●業界・業種                     プリンター、カメラ、事務機器
●エリア                          アウターコミニケーション・ツール
●ジャンル                         卓上出版 CD-ROM
●プロジェクト期間           約5か月
●スコープ                    コンセプト開発/アートディレクション/デザイン/コピー/プロジェクト管理/
             撮影現地取材/ロケ/ 一部分現地カメラマン/執筆依頼/DTP製本/CD・ROM制作
●記事寄稿者        荒俣宏/浅葉克己/イーサン・レビタス/ジョージ・フィールズ


ニューヨークのプレゼンスを

Canonデスクトップパブリッシングで行う。

 現地にて

アンケートを実施。

インタビューを実施。

それぞれの自己実現と

アイデンティテ

感じる時は同質なものから来る

 

多くの人が日本に憧れている。

尊敬されている。

創造的で、美的だと感じている。





知り合った人に大切なものを持ってきてもらう。

アイテムと一緒にアイデンティティが現れ出す。 

拾遺したものをまとめる。表現する。

出来上がったオブジェ達。






多彩な人たちが夢を共有し

そこに資本が投入され、

いくつもの斬新な組み合わせによる

新しいビジネスが

創造されるN.Y.だった。


エッセイの抜き出し。

私が小学生になる前だったと思う。NHKテレビの放送時間が終わる時間だったか、ニュースの時だったか、モノクロ画面上で地球がゆっくりと回転していた。

そしてそこから『龍のおとしご』のような地形がゆっくりと現れてきた。幼いのになぜか誇らしかった。日本にはその「形」がある。つまり、形としての国土が明快に海上に存在しており、地図上にある日本というものがはっきりとわかる。地形はデザインの仕事で言う、独自性、独立性を具備しているのだ。

これからは好むと好まざるとにかかわらず、インターネットで代表されるように国家間の壁はどんどん低くなり、肌で感じるため私はニューヨークを選び旅立ってみた。ニューヨークには、実に194カ国から来た人々が生活している。よく言われるように地球の縮図である。ニューヨークを、私は鳩のように飛翔し、犬のように走り、嗅ぎまわって探検した。そこに見たものは、国々の地形の非独自性とは対照的な、多くの民族と人びと個々の強烈なまでの、アイデンティティの存在だった。

 


ニューヨークに行くことは日本を外から見ることでもあった。同時に、日本で生きてきた物差しでニューヨークを見ることでもあった。ことサービス業の仕事ぶりに関しては、日本の方がニューヨークよりレベルが高いと感じた。

 

日本は、良質のものをできるだけ早く仕上げることを集団でめざしてきたと思う。その結果、底辺は狭いが、かなり高さがある「カマボコ型」になった。これは質やレベルがある程度揃っていて安心できる反面、とてつもない才能やあっと驚く組み合わせが飛び出してきにくいという問題がつきまとう。

 

対してニューヨークは、「ノコギリ型」であるように感じた。スゴイやつはスゴイ、ヒドイ人はヒドイ。かなりバラツキがある。質やレベルの低い部分も多々あるのだが、飛び越している才能もまたキラ星のごとく多いのだ。優れた才能が一定の業種に偏るということもあまりない。飛び抜けた才能

を持った人物がさまざまな業種で多く存在している。

それらの才能たちが夢を共有して、そこに資本が投入され、いくつもの斬新な組み合わせによるまったく新しい遊びやビジネスが創造されていくのだ。

 

 残念ながら、まだ日本企業は苦手な部分ではないだろうか。日本人はまだ、“みんなと同じ”ことをよりどころにしているところがある。しかし、その良さは残しつつも、次に、“みんなと同じではない”もの、つまり「われわれ」ではなく「私」を主語にしたアイデンティティを手に入れていくことが大切であるかもしれない。そのことの仕事の多種多様なアイデンティティの健全な活躍を望む。柴山信廣

 

*